仕事場の服装で失敗しないために

 

新入社員の服装は?

最近スーツ着用・制服ありの職場が減り、服装自由やオフィスカジュアルなどで仕事をすることを推奨する企業が増えてきました。

 

でも制約がないということは自分で選択しなければならないので、意外と悩むものですよね。会社にはどのような服装で行けばいいのでしょうか?

 

確実に外れがない服装は男女共に以下のものです。
ジャケット

黒・紺・ベージュで無地、もしくはワンポイント

シャツ

白か淡い色のもので無地やワンポイント、ストライプ(アンダーシャツも必要)

パンツ

黒・紺・ベージュで丈の長いもの(長ズボン)
ゆるすぎずぴったりしすぎていないサイズのもので、汚れや色あせがないものとします。もしこのアイテムを持っていないのであれば買い足しましょう。これを持っていればプライベートでちょっといいレストランやコンサートなどに行くときにも使えます。

 

この無難すぎる服装がなぜ確実なのか、順を追って説明します。

 

「服装自由」や「オフィスカジュアル」に決まりはない

会社によって定義が変わってしまうのが「服装自由」「オフィスカジュアル」です。

 

アパレル関係の会社であればセンスの問われるところですが、一般企業だと男女共に「露出しすぎないこと」はまず条件に入ってきます。そしてこの「露出」というのも会社によって定義が変わります。

 

例えば私が以前勤めていた会社は中小企業で若者向けのコンテンツ会社でした。服装自由が前提でしたがノースリーブ・タンクトップは禁止、ヒラヒラしたミニスカートもダメ、ショートパンツもダメ(男性は脚の毛が見えてはいけない)でした。

 

後からわかったことですがどうやらその会社での「服装自由」とは「ある程度大人なんだから常識ってわかるよね?だから服装自由でいいよ」という意味が込められているようでした。

 

確かにおっしゃる通り、ひとつひとつルールを作っていくことは難しくキリがないことだと思います。でもこれは新入社員にとってはちょっと難しいことだなと思いました。学生と社会人では考え方や視点が違いますし、何より「常識」は個人によってそれこそ千差万別だからです。

 

取引先の同業者さんもスーツに近いオフィスカジュアルしかダメな会社もあれば、コスプレのような格好で仕事をしている会社もありました。

 

また、職種や役職によっても変わってきます。来客対応や秘書業務などであればある程度かっちりした格好でなければいけませんし、社内勤務でお客さんとの打ち合わせなどがなければある程度ゆるくても大丈夫な場合が多いです。

 

つまりその会社での「服装自由」「オフィスカジュアル」とは先輩社員に聞くか、自分で感じ取るしかないのです。

 

出社一日目はどうすればいい?

問題は会社の雰囲気を感じ取れない出社一日目です。事前に職場見学や新入社員懇親会などがあった場合は質問したり先輩社員の服装を観察するようにしましょう。

 

質問する機会や職場見学がなかった場合は会社のホームページや求人サイトに出ている社員の写真を参考にすることをおすすめします。

 

そして一日目はかっちりめのオフィスカジュアルで出社するのが安心です。かっちりめのオフィスカジュアルとはジャケット、シャツ、パンツで、靴も先の尖っていない革靴が無難です。

 

ジャケットとパンツは黒・紺・ベージュ、シャツは白か淡い色のもの、無地かあまり派手にならないストライプ程度のものであれば着回しもききます。アンダーシャツは透けないよう、白・ベージュにしてください。サイズも大切です。ゆるすぎるシルエットはだらしなく見えたり老けて見えます。

 

逆にぴったりしすぎているものは男女共にいやらしく見え、動きづらいですね。そして一番大切なことは、色あせや毛玉、汚れなどがない清潔感のある服装にすることです。女性もパンツにローヒールの靴がいいと思います。なぜならば入社一日目は意外と雑務が多いからです。

 

書類記入や挨拶だけなら良いのですが、「自分で使うパソコンのセットアップをしてもらうよ」と指示があった場合、自分のデスクの上に用意されたパソコンのセットアップなのか、倉庫からパソコンを運びだす所から始めるセットアップなのか、後者であればタイトスカートやヒラヒラした服装だと作業がしにくいことは容易に想像出来ます。

 

職場の雰囲気・服装のルールをつかむまで

上記の「一日目の服装」を基準として、少しずつ自分の好みを足していきましょう。もし考えることが面倒であればシャツにチノパンというように自分で制服を作ってしまうのもいいですね。

 

月・水・金は白シャツにチノパン、火・木は青シャツに黒いパンツみたいなローテーションだと「服、二着しかないのかな…」と思われるかもしれないので、思い切って月~金まで白シャツにチノパンにしてしまいましょう。

 

女性のスカートは膝丈が無難です。夏のサンダルは周りの先輩を見てから決めましょう。夏でもストッキングを履くかどうかも先輩を見習いましょう。言うまでもなくビーチサンダルはいけません。

 

職場での服装、注意される人・されない人

よく「〇〇さんも結構短いスカート履いているのに、自分だけ怒られた」「〇〇さんのほうが明るい髪色なのに、なんで自分が怒られて〇〇さんは怒られないの?」という話を聞きますが、それはキャラクター・重要度の違いにあります。

 

確かに服装は仕事とは関係ありません。しかし会社という団体で考えた時「いて欲しい人」「好かれている人」に判断が甘くなることは理不尽なようですが、よくあることです。

 

ちょっと服装が派手でも怒られないためには怒られないキャラになるか、注意しにくいくらいの役職者になるしかありません。

 

会社で一目置かれる社員というのは「仕事が出来る」ことにプラスしてお洒落だったり会話のセンスがいい人です。服装で差をつけたいという考えはひとまず捨てましょう。それにもし本当にセンスの良い人であれば無難な服装でも充分にセンスを発揮することが出来るはずです。

 

「服装自由」や「オフィスカジュアル」は会社によって定義が変わりますが、外れのない服装は清潔感があり、ゆるすぎずぴったりすぎないシルエットのジャケット・シャツ・パンツです。仕事ぶりを正当に評価されるため、会社で生きやすくするためにもまずは無難にいきましょう。

 

関連ページ

社会人の『立ち位置』をレベルアップさせる方法
苦手な上司と上手く付き合いつつ自分の立ち位置を上げる方法として【上司に「こいつがいれば安心だ」と信頼されるくらい仕事が出来る人になる】為の10個のポイント「いつもいる」「愛嬌をもつ」「観察する」「断らない」「残業」「報告・連絡・相談」「悪口」「庶務」「朝の通勤の時間」「キャリアアップ」について紹介しています。
電話対応の苦手意識を無くす方法
電話に苦手意識を持ってしまう原因、電話対応で大きな失敗(クレーム)をしない為のポイントを紹介しています。また、電話対応を教えてもらえない会社に入社した場合にせめて聞いておきたいポイントや電話対応でよくある焦ってしまうシチュエーション、電話に出ない新人の考えていることとその新人を会社がどう見ているかを紹介しています。
【先輩・上司】との上手な付き合い方
会社の先輩社員や上司と上手に付き合うには「真面目に仕事に取り組むこと」と「無理しないこと」が大切であることを紹介しています。一見地味で簡単な2つのポイントですが、新社会人の考えていることと本当の社会人とのギャップを埋めるヒントになっています。また新人の悩みの種である「飲み会」についても「参加すべき飲み会」をピックアップして紹介しています。
上手に話を伝える為の7つのポイント
上司や先輩に話を伝える為の7つのポイント「伝えたいことをクリアにする」「短くまとめる」「伝えたいことが複数ある場合は最初にいくつ伝えたいことがあるのかを話す」「頭の中でシミレーションする」「いきなり話し始めない」「言葉の言い回しを増やす」「周りの人の話の伝え方を参考にする」を紹介しています。
仕事でやる気がでない|状況別の対処法
仕事にヤル気が出ないのは飽きてしまっているからかもしれません。解決策(仕事に飽きない方法)として、「周囲が認めてくれない」「単調で誰にでも出来る仕事しか任されない」とよく思う場合は「高見を目指す」「起業するつもりで今の職場で働く」こと、「とにかく面倒くさい」「朝起きるのが辛い」とよく思う場合は、「引っ越しなどで環境を変える」「少しだけやってみる」「会社で遊ぶ」ことを紹介しています。
会社での「個性的」とは?
良い意味で個性的になる方法として「とにかく与えられた仕事をきちんと熟せる様にすること」「悪い個性を捨てること」「色々な体験をすること」「人と違っても同じでも受け入れ自分を保つこと」を紹介しています。また、上司から「個性を出せ」と言われた場合はどうすれば良いかも紹介しています。
新卒社員と関わるに前に頭に入れておくこと
新人社員が新卒社員と失敗しないの関わり方として「自分もそうだったことを思い出すこと」「自分の未来への投資」「自分の所有物ではないこと」という3つのことを紹介しています。
とりあえずで就職したい人がチェックするべき3ポイント
やりたい仕事が特にない、とりあえずで就職したい場合の「当たり前」と言われるが新社会人だと見落としがちな、就職して後々困らない為のチェックしておきたい「勤務地」「制度」「雇用形態」3つのポイントを紹介しています。
会社説明会で気をつけるべき行動や服装
会社説明会とは企業が自分の会社を知ってもらい、優秀な若手社員を採用する為のものであること、合わせて、会社説明会でよくある「悪目立ちする行動」を避けること、疑問に思うことが多い「服装について」を紹介しています。