会社説明会で気をつけること

 

最近は会社説明会を行う会社が増えてきていますね。会社説明会とは企業が自分の会社を知ってもらい、優秀な若手社員を採用する為のものです。

 

会社説明会の時点で採用試験は始まっている訳ではありませんが、悪目立ちすることは避けなくてはなりません。そして意外な悩みの種「服装について」ですが、こちらは「平服で」と指定されているのであれば平服で参加しましょう。

 

会社説明会の時点で採用試験は始まっている?

会社説明会は前記の通り「自分の会社を知ってもらう為のもの」なので、直接採用に結びついている訳ではありません。とはいえ全く関係ないかと言えばそうでもありません。

 

会社説明会で絶対に避けなくてはならない行動は「悪目立ちすること」です。特に大手と言われる会社の会社説明会で良い印象を残すことは難しいと思います。しかし悪い印象を残すことは簡単です。

会社説明会で悪い印象を持たれること
  • 連絡なしで遅刻、欠席する
  • 忘れ物をする
  • 大声ではしゃぐ
  • 指示を無視する
  • 爪跡を残そうとする

何を当たり前のことを、と思うかもしれませんが守れていない学生さんは多いです。その中でも特に多いものが「連絡なしで遅刻、欠席する」「指示を無視する」です。

 

遅刻は絶対にしないようにしましょう

会社説明会当日に道に迷わないように事前に下調べをすることはとても大切です。早めに着いて近くの喫茶店でお茶をして時間をつぶす位の余裕があると良いですね。電車が事故などで遅延しても、早めに行動していれば遅刻しないで済む、もしくは少しの遅刻で済みます。

 

当日どうしても外せない用事が出来て参加出来なくなってしまった場合でも必ず連絡しましょう。会社側も学生がドタキャンすることは頭に入れていますが、やはり気持ちの良いものではありません。

 

連絡する際は連絡方法の指定がない限り必ず電話を使いましょう。メールで連絡しても会社説明会担当者がその時間席にいてメールを確認出来るとは限りません。そして電話する際は会社説明会の担当者名をきちんと確認した上、電話に出た人が会社説明会の担当者であるとは限りません。

 

会社説明会参加者であること

自分の学校名、氏名

要件(遅刻の連絡、欠席の連絡など)

 

上記をきちんと伝え、担当者に電話を繋いでもらいましょう。焦ったり緊張しているからといってぶっきらぼうに愛想悪くお話してはいけません。誠実に事実を伝え、迷惑をかけてしまうことを謝罪しましょう。これから社会人になる訳ですからきちんとしなくてはなりません。連絡なしでも遅刻や欠席はダメです。気を付けましょう。

 

採用試験を受けない会社だから関係ないという方もいるかもしれませんが

  • 会社側には自分の学校名と氏名を知られていること
  • 学校や後輩に迷惑をかけてしまう可能性があること 
  • 他の企業との繋がりがあること

これらの事を頭に入れておきましょう。

 

それから指示を無視することについてですが、指示されたこと以外のことをすることは指示を無視することになります。

 

例えば会社説明会に早く来すぎる、資料を勝手に読み進める、指定された作業時間を「もう少しなので!」と延長させるなどがあります。

 

会社説明会の最後に感想を書くためのアンケートに先に氏名だけでも書き込んでおこう、という気持ちもわからなくはないですが、まだ説明会が終わっていないのに書き込んでいる→きちんと聞く気がないのではないかと誤解される可能性があるのでやめておきましょう。

 

「平服(私服)でお越しください」は信じていいの?

信じていいです。このような指示がある意図としては以下が挙げられます。

 

スーツ勤めの会社ではないから

暑い、寒い、動きづらいなど、かわいそうだから

普段の感じをみたいから

 

裏を読んでスーツで来い!と思っている会社はないと私は思っています。もし会社説明会の説明文にこの一文があって当日担当者から「スーツで来なかったの?」などと言われた場合はそんな会社に入らないほうがいいですね。

 

とはいえ最近流行りのお洋服などで参加することはちょっとリスキーなので、オフィスカジュアルを心掛けましょう。オフィスカジュアルがよくわからないという方は、以下を参考にしてください。

男性:白いシャツ、黒かベージュの十分丈パンツ、革靴
女性:白いシャツ、黒か紺のひざ下丈のスカート、パンプス

男性は地味で綺麗であればスニーカーでも良いと思います。女性はヒールが高すぎるもの、ピンヒールのパンプスは避けましょう。ジャケットはあってもなくても良いと思います。

 

もし地方から都内に就職活動に来ていて、1日の内に午前午後と分けて2社の会社説明会を受けようと考えていて、1社がスーツ着用、もう1社が平服着用の指示があった場合は、スーツのジャケットだけ脱ぐことも良いと思います。

 

また、平服着用の会社にスーツで参加することが可能か聞いてみるという手もあります。但し、第一志望の会社に関しては丸1日その会社の為にスケジュールを開けることをおすすめします。

 

会社説明会は企業が自分の会社を知ってもらい、優秀な若手社員を採用する為のものです。会社説明会で重要なことは悪目立ちすることは避けること。そして会社に指定された服装で挑みましょう。

 

会社説明会に参加出来る期間は一生の内でほんの少しの期間だけです。色々な企業のことを知るまたとないチャンスなので楽しんで参加しましょう。

 

関連ページ

社会人の『立ち位置』をレベルアップさせる方法
苦手な上司と上手く付き合いつつ自分の立ち位置を上げる方法として【上司に「こいつがいれば安心だ」と信頼されるくらい仕事が出来る人になる】為の10個のポイント「いつもいる」「愛嬌をもつ」「観察する」「断らない」「残業」「報告・連絡・相談」「悪口」「庶務」「朝の通勤の時間」「キャリアアップ」について紹介しています。
電話対応の苦手意識を無くす方法
電話に苦手意識を持ってしまう原因、電話対応で大きな失敗(クレーム)をしない為のポイントを紹介しています。また、電話対応を教えてもらえない会社に入社した場合にせめて聞いておきたいポイントや電話対応でよくある焦ってしまうシチュエーション、電話に出ない新人の考えていることとその新人を会社がどう見ているかを紹介しています。
【先輩・上司】との上手な付き合い方
会社の先輩社員や上司と上手に付き合うには「真面目に仕事に取り組むこと」と「無理しないこと」が大切であることを紹介しています。一見地味で簡単な2つのポイントですが、新社会人の考えていることと本当の社会人とのギャップを埋めるヒントになっています。また新人の悩みの種である「飲み会」についても「参加すべき飲み会」をピックアップして紹介しています。
新人・新入社員の服装は?
「服装自由」や「オフィスカジュアル」を推奨している会社では、最初はジャケット・シャツ・パンツを着ていけば問題ないこと、その理由について書いています。また入社前に先輩社員の服装を観察すること、ホームページを参考にすること、制服を自分で作ってしまうことなども合わせて提案しています。
上手に話を伝える為の7つのポイント
上司や先輩に話を伝える為の7つのポイント「伝えたいことをクリアにする」「短くまとめる」「伝えたいことが複数ある場合は最初にいくつ伝えたいことがあるのかを話す」「頭の中でシミレーションする」「いきなり話し始めない」「言葉の言い回しを増やす」「周りの人の話の伝え方を参考にする」を紹介しています。
仕事でやる気がでない|状況別の対処法
仕事にヤル気が出ないのは飽きてしまっているからかもしれません。解決策(仕事に飽きない方法)として、「周囲が認めてくれない」「単調で誰にでも出来る仕事しか任されない」とよく思う場合は「高見を目指す」「起業するつもりで今の職場で働く」こと、「とにかく面倒くさい」「朝起きるのが辛い」とよく思う場合は、「引っ越しなどで環境を変える」「少しだけやってみる」「会社で遊ぶ」ことを紹介しています。
会社での「個性的」とは?
良い意味で個性的になる方法として「とにかく与えられた仕事をきちんと熟せる様にすること」「悪い個性を捨てること」「色々な体験をすること」「人と違っても同じでも受け入れ自分を保つこと」を紹介しています。また、上司から「個性を出せ」と言われた場合はどうすれば良いかも紹介しています。
新卒社員と関わるに前に頭に入れておくこと
新人社員が新卒社員と失敗しないの関わり方として「自分もそうだったことを思い出すこと」「自分の未来への投資」「自分の所有物ではないこと」という3つのことを紹介しています。
とりあえずで就職したい人がチェックするべき3ポイント
やりたい仕事が特にない、とりあえずで就職したい場合の「当たり前」と言われるが新社会人だと見落としがちな、就職して後々困らない為のチェックしておきたい「勤務地」「制度」「雇用形態」3つのポイントを紹介しています。