3月になると新卒社員採用の為に会社説明会や採用試験が始まる会社も多いと思いますが、来期から入ってくる新卒社員について、どのように考えていますか?

 

仕事を教えたり面倒を見たりしなきゃいけないので嫌だなぁと思いますか?自分より下っ端が出来て雑務から解放される喜びにワクワクしていますか?

 

新卒社員と関わるに当たって、今、新人社員でこれから先輩社員になる方は「自分もそうだったことを思い出すこと」「自分の未来への投資」「自分の所有物ではないこと」を頭に入れておいて欲しいと思います。

 

そうすれば上司から評価が下がることはなく、周囲への見栄えも良く、何より自分の心を平和に保つことが出来ます。

 

新卒社員は邪魔なだけ?

今業務に追われている若手社員の方は「中途採用して欲しいのに!即戦力にならない新卒社員なんていらない!」と思っているかもしれませんね。新卒社員を採用ということにネガティブなイメージがある方も多いと思います。

 

これは中小企業にありがちな、教育するため時間を充分に取れないことから生まれる不満だと思います。そして未だに人がいれば現場が回ると思っている経営者がいますが、実情はそうではありません。

 

育てても育つかわからない、時間も手間もかかる新卒社員を採用するより、即戦力になる中途社員を採用して欲しい。厳しい状況に置かれていればこのように考えてしまうことは自然なことです。

 

新卒社員はお給料も安くて済みますし、国からの助成金が出ることもあるので、いくら経営者側が「若い人にチャンスをあげないと…」などと言ってもそういうことを、知っていれば綺麗事に聞こえてしまうこともありますよね。

 

ただ気を付けて欲しいのが、「新卒入社した若手社員も先輩の考え方に影響され上記のようなことを言ってしまうこと」です。

 

自分は優秀だったから大丈夫?いやいや。今のあなたがいるのは間違いなく先輩たちのフォローのおかげです。先輩の真似をして知ったかぶりで「新卒は使い物にならないんですよね~」などと周りの人に言うことはやめましょう。

 

笑われてしまうだけでなく、「お前も大概だった」と1年前の恥ずかしい失敗談を蒸し返されたり、「会社の経営方針にケチつけてんの?」と思わぬところで上層部から目を付けられてしまうかもしれません。新卒で入社した人はもちろん、若手社員と呼ばれる方も「自分も育ててもらった側」だということを忘れないようにしましょう。

 

新卒社員を育てなければいつまでも忙しい

「急がば回れ」という言葉があるように、忙しくても手間がかかっても仕事をちゃんとやってくれる仲間が増えれば楽になります。そして、その会社でやっていきたければ与えられたものを上手く使って仕事を回して行かなければなりません。

 

経営側が新卒社員を採用し、上司から教育係に割り当てられたのなら一生懸命育てましょう。それが仕事です。

 

また、新卒社員をきちんと教育し、一人前に育てられれば評価の対象になります。自分の評価が低いと思っている方、もっと評価して欲しいと思っている方が新人教育係になった場合はチャンスです。
それに10歳以上年上の社会人経験のある人に仕事を教えるよりは気楽だと思いませんか?新卒社員教育は仕事であり、近い将来仕事を楽にするために新卒社員はいると考えましょう。

 

後輩が出来るということ

新卒社員が入社してくることを楽しみにしている方も注意が必要です。まず自分が後輩の一生に影響を与える可能性があることを認識してください。ひとりの人生を変えてしまうことがあるのです。

 

自分が良く思われる為だけの言動、ビジネス本に影響されすぎる、厳しすぎる、甘すぎるといったような感情的で極端な教育はやめましょう。

 

1番参考に出来ることは、自分が新人社員の時に「されて嬉しかったこと、勉強になったことは真似する、嫌だったことは真似しない」ことです。自分もされて嫌だったから後輩も我慢するべき、という考え方は古いです。

 

その嫌だったことはあなたの所で変えていくべきです。また、新卒採用に助成金位では賄えない程大金をかけている会社もあるのできちんと教育しなければ、それは会社自体の損失となります。
新卒社員は自分の所有物ではないことを頭に入れておきましょう。

 

4月は年度初めということもあり色々忙しい中、新卒社員を迎えることについて色々考えるところもあると思います。

 

浮かれていたり不満を持っていたりする社員の中で、新卒社員を採用するということは「自分もそうだったことを思い出すこと」「自分の未来への投資」「自分の所有物ではないこと」この3つのことが理解出来て頭に入っていれば、上司や先輩、後輩との関係に失敗することはありません。

 

関連ページ

社会人の『立ち位置』をレベルアップさせる方法
苦手な上司と上手く付き合いつつ自分の立ち位置を上げる方法として【上司に「こいつがいれば安心だ」と信頼されるくらい仕事が出来る人になる】為の10個のポイント「いつもいる」「愛嬌をもつ」「観察する」「断らない」「残業」「報告・連絡・相談」「悪口」「庶務」「朝の通勤の時間」「キャリアアップ」について紹介しています。
電話対応の苦手意識を無くす方法
電話に苦手意識を持ってしまう原因、電話対応で大きな失敗(クレーム)をしない為のポイントを紹介しています。また、電話対応を教えてもらえない会社に入社した場合にせめて聞いておきたいポイントや電話対応でよくある焦ってしまうシチュエーション、電話に出ない新人の考えていることとその新人を会社がどう見ているかを紹介しています。
【先輩・上司】との上手な付き合い方
会社の先輩社員や上司と上手に付き合うには「真面目に仕事に取り組むこと」と「無理しないこと」が大切であることを紹介しています。一見地味で簡単な2つのポイントですが、新社会人の考えていることと本当の社会人とのギャップを埋めるヒントになっています。また新人の悩みの種である「飲み会」についても「参加すべき飲み会」をピックアップして紹介しています。
新人・新入社員の服装は?
「服装自由」や「オフィスカジュアル」を推奨している会社では、最初はジャケット・シャツ・パンツを着ていけば問題ないこと、その理由について書いています。また入社前に先輩社員の服装を観察すること、ホームページを参考にすること、制服を自分で作ってしまうことなども合わせて提案しています。
上手に話を伝える為の7つのポイント
上司や先輩に話を伝える為の7つのポイント「伝えたいことをクリアにする」「短くまとめる」「伝えたいことが複数ある場合は最初にいくつ伝えたいことがあるのかを話す」「頭の中でシミレーションする」「いきなり話し始めない」「言葉の言い回しを増やす」「周りの人の話の伝え方を参考にする」を紹介しています。
仕事でやる気がでない|状況別の対処法
仕事にヤル気が出ないのは飽きてしまっているからかもしれません。解決策(仕事に飽きない方法)として、「周囲が認めてくれない」「単調で誰にでも出来る仕事しか任されない」とよく思う場合は「高見を目指す」「起業するつもりで今の職場で働く」こと、「とにかく面倒くさい」「朝起きるのが辛い」とよく思う場合は、「引っ越しなどで環境を変える」「少しだけやってみる」「会社で遊ぶ」ことを紹介しています。
会社での「個性的」とは?
良い意味で個性的になる方法として「とにかく与えられた仕事をきちんと熟せる様にすること」「悪い個性を捨てること」「色々な体験をすること」「人と違っても同じでも受け入れ自分を保つこと」を紹介しています。また、上司から「個性を出せ」と言われた場合はどうすれば良いかも紹介しています。
とりあえずで就職したい人がチェックするべき3ポイント
やりたい仕事が特にない、とりあえずで就職したい場合の「当たり前」と言われるが新社会人だと見落としがちな、就職して後々困らない為のチェックしておきたい「勤務地」「制度」「雇用形態」3つのポイントを紹介しています。
会社説明会で気をつけるべき行動や服装
会社説明会とは企業が自分の会社を知ってもらい、優秀な若手社員を採用する為のものであること、合わせて、会社説明会でよくある「悪目立ちする行動」を避けること、疑問に思うことが多い「服装について」を紹介しています。