ヤル気が出ない理由とは?仕事に飽きない方法。

 

最近なんとなくヤル気が出ない。ニートになりたい。

 

こんな言葉を入社してから半年から一年、もしくは三年目くらいの新人社員からよく聞きます。そんな思いが沸々と湧いてきていたら、今の仕事に飽き始めているのかもしれません。

 

一日の大半は仕事に費やしている訳ですので、「つまらない」より「楽しい」ほうがいいですよね。但し、もう社会人です。子供の頃のように誰かが楽しいことを運んできてくれるわけではありません。自分を飽きさせないのは自分しかいないのです。

 

このことを前提とし仕事に飽きない方法を理由別に紹介したいと思います。

 

「周囲が認めてくれない」「誰にでも出来る仕事しか任されない」

 

「仕事に飽きた」と思い始めている時は少し天狗になっている時かもしれません。入社したばかりの時は覚えることが沢山あって新鮮で周りから受ける刺激も多い毎日を送っていたはずです。

 

そして月日が流れ、仕事や職場に慣れてくると退屈に感じてしまうことも当然かもしれません。もしかしたらあなたは自分が「すごく仕事が出来る人」だと思っていませんか?その場合はとても危険な状態です。あなたの伸びしろを自分で縮めてしまっている可能性があります。

 

そもそも「仕事が出来る人」は周りからの評価で決まります。自分自身で評価するものではありません。あなたが本当に優秀な人であれば勤務年数が一年でも役職がついたり責任のある仕事が任され始めます。

 

それが役職もつかない、入社してからずっと同じ仕事を与えられていることが現状だとすると会社のあなたに対する評価は「普通」か「まだまだ」ということになります。仕事に飽きたなどと言っている場合ではありません。

 

更に今自分の業務範囲は上司から与えられた範囲でしかありません。仕事は一部一部が全部に繋がるので一部をきちんとこ熟すことはとても大切ですが、その一部が全部ではありません。与えられた仕事を熟し、自ら自分で仕事を求めてこそ、仕事が出来る人と言えるのではないのでしょうか?

 

さて、この場合の解決方法、すなわち仕事に飽きない方法ですが「高見を目指す」しかありません。今ある仕事を完璧に熟し、自分のやりたい仕事を上司にアピールして新しい仕事を手に入れ、そして偉くなり、やりたくない仕事は他人に任せてゆくゆくは自分が存在するだけでお給料が発生するくらいにまでなれたら完璧です。

 

高見を目指すことは、今の自分を客観的に見て、未来を妄想し、現在の退屈をやり過ごすこと。これが出来れば仕事に飽きることはありません。

 

今の会社で偉くなんかなりたくない、という方は転職しましょう。もしくは起業しましょう。ひとつも不満のない会社なんて現時点ではありません。あなたが創るしかないのです。フリーランスで働くという手もありますね。完全実力成果主義ですので本当に実力があるかどうかわかりますよ。

 

但し、起業するにしてもフリーランスで働くにしても「人脈」が大切です。今の自分にそれだけの人脈があるのでしょうか?そしてお金も必要です。ですので「起業するつもりで今の職場で働く」ことをおすすめします。

 

そうすると今の仕事も違う視点で見ることが出来るからです。起業、フリーランスなど独立するつもりはなくても今の仕事を違う視点から見ることが出来ます。そして本当に独立したくなった時、準備をしておけばチャンスはきっとつかめます。

 

文章が長くなりましたのでまとめると、「周囲が認めてくれない」「単調で誰にでも出来る仕事しか任されない」とよく思う場合の仕事に飽きない方法は、似ているようで少し方向性の違う「高見を目指す」「起業するつもりで今の職場で働く」この2つです。

 

「とにかく面倒くさい」「朝起きるのが辛い」

 

こういう場合は仕事に対する姿勢などより環境を変えることが有効だったりします。例えば「引っ越し」です。今より会社の近くに引っ越せば睡眠時間も多く取ることが出来ます。

 

但し余りに会社と自宅が近すぎるとトラブルが起きた際、いつも会社に行く羽目になるので少し注意が必要です。仕事に飽きない方法として引っ越しはちょっと大変だしお金もかかるという場合は「少しだけやってみる」ことも有効です。

 

とにかく無理やりにでも作業を進めるきっかけを作ります。

 

感情ではなくただ行動することで心を空っぽにして仕事に向かうと集中出来ることがあります。更に心で好きなキャラクターを作り「少しだけやってみる?」と問いかけてもらうともっと楽しくなります。例えばかわいい女の子キャラやお姉キャラなどといった感じです。

 

このキャラクターを作って問いかけてもらう方法は私の後輩社員から聞いたものですが、面白いうえにヤル気の出ない時だけでなく、怒りが収まらない時などにも一旦自分を冷静にすることが出来るのでとてもいいなと思いました。

 

それから少し会社で遊んでみることも仕事に飽きない方法としておすすめです。

 

ヤル気が出ないのは今まで真面目に業務に取り組みすぎたからかもしれません。とはいえ会社の皆に見つかってしまうような遊びは頂けません。あくまで自分だけが楽しい遊びです。例を紹介します。

 

グラフ化して遊ぶ

昨日も今日もたぶん明日も同じような作業が続く場合、いかに昨日の自分より今日の自分が優秀かとにかく記録をつけていきましょう。そしてグラフ化します。グラフ化することにより日々の進歩は見えやすくなります。

 

日々の進歩はモチベーションをあげてくれます。更にライバルは昨日の自分なので他者に「闘争心むき出し」とはならずスマートにいけます。業務のことはなんだか嫌だなぁという場合は上司の口癖などをグラフ化するのもおすすめです。

 

仕事をしに行くのではなく記録を取りに行くのだ、という気持ちで会社へ向かいましょう。

 

物まねして遊ぶ

会社の人の物まねを完全に出来るようになりましょう。ひとりやふたりで終わりにしてはいけません。隣の席の人から始まり、同じ部署、ゆくゆくは社内全員の物まねが出来ることが目標です。

 

特徴のない人は難しいかもしれませんがその人の物まねが出来た時、とてつもない達成感が味わえます。仕事をしに行くのではなくレパートリーを増やしに行く、という気持ちで会社へ向かいましょう。

 

但しこちらには欠点が2点あります。ひとつは家でしか練習が出来ないこと。物まねしていることが周囲にバレてしまうとかなり気まずいので職場での練習は控えましょう。もうひとつは家族や友達、恋人には完成度がわかってもらえないことです。

 

どんな場合でも考え方、気持ちの持ち方によって解決できることが多々あります。しかしひとりで考えていては思考が煮詰まることもまた多々あります。考えることすら面倒な場合もありますよね。

 

「周囲が認めてくれない」「単調で誰にでも出来る仕事しか任されない」とよく思う場合の仕事に飽きない方法は「高見を目指す」「起業するつもりで今の職場で働く」の2つです。

 

「とにかく面倒くさい」「朝起きるのが辛い」とよく思う場合の仕事に飽きない方法は、「引っ越しなどで環境を変える」「少しだけやってみる」「会社で遊ぶ」の3つです。参考になれば幸いです。

 

関連ページ

社会人の『立ち位置』をレベルアップさせる方法
苦手な上司と上手く付き合いつつ自分の立ち位置を上げる方法として【上司に「こいつがいれば安心だ」と信頼されるくらい仕事が出来る人になる】為の10個のポイント「いつもいる」「愛嬌をもつ」「観察する」「断らない」「残業」「報告・連絡・相談」「悪口」「庶務」「朝の通勤の時間」「キャリアアップ」について紹介しています。
電話対応の苦手意識を無くす方法
電話に苦手意識を持ってしまう原因、電話対応で大きな失敗(クレーム)をしない為のポイントを紹介しています。また、電話対応を教えてもらえない会社に入社した場合にせめて聞いておきたいポイントや電話対応でよくある焦ってしまうシチュエーション、電話に出ない新人の考えていることとその新人を会社がどう見ているかを紹介しています。
【先輩・上司】との上手な付き合い方
会社の先輩社員や上司と上手に付き合うには「真面目に仕事に取り組むこと」と「無理しないこと」が大切であることを紹介しています。一見地味で簡単な2つのポイントですが、新社会人の考えていることと本当の社会人とのギャップを埋めるヒントになっています。また新人の悩みの種である「飲み会」についても「参加すべき飲み会」をピックアップして紹介しています。
新人・新入社員の服装は?
「服装自由」や「オフィスカジュアル」を推奨している会社では、最初はジャケット・シャツ・パンツを着ていけば問題ないこと、その理由について書いています。また入社前に先輩社員の服装を観察すること、ホームページを参考にすること、制服を自分で作ってしまうことなども合わせて提案しています。
上手に話を伝える為の7つのポイント
上司や先輩に話を伝える為の7つのポイント「伝えたいことをクリアにする」「短くまとめる」「伝えたいことが複数ある場合は最初にいくつ伝えたいことがあるのかを話す」「頭の中でシミレーションする」「いきなり話し始めない」「言葉の言い回しを増やす」「周りの人の話の伝え方を参考にする」を紹介しています。
会社での「個性的」とは?
良い意味で個性的になる方法として「とにかく与えられた仕事をきちんと熟せる様にすること」「悪い個性を捨てること」「色々な体験をすること」「人と違っても同じでも受け入れ自分を保つこと」を紹介しています。また、上司から「個性を出せ」と言われた場合はどうすれば良いかも紹介しています。
新卒社員と関わるに前に頭に入れておくこと
新人社員が新卒社員と失敗しないの関わり方として「自分もそうだったことを思い出すこと」「自分の未来への投資」「自分の所有物ではないこと」という3つのことを紹介しています。
とりあえずで就職したい人がチェックするべき3ポイント
やりたい仕事が特にない、とりあえずで就職したい場合の「当たり前」と言われるが新社会人だと見落としがちな、就職して後々困らない為のチェックしておきたい「勤務地」「制度」「雇用形態」3つのポイントを紹介しています。
会社説明会で気をつけるべき行動や服装
会社説明会とは企業が自分の会社を知ってもらい、優秀な若手社員を採用する為のものであること、合わせて、会社説明会でよくある「悪目立ちする行動」を避けること、疑問に思うことが多い「服装について」を紹介しています。