慕われる管理職になる3つの方法

 

中間管理職は大変

中間管理職程大変な役割はないと思います。上からの無茶な要求に答え、やる気のない部下のモチベーションを上げなくてはなりません。

 

これは本当に大変で、自分の業務だけを考えていれば良かった頃を懐かしみたくなりますが、そこで立ち止まっている訳には行きません。

 

上の要求を華麗にやり過ごし、部下にサクサク働いてもらい、自分の評価とお給料を上げていきましょう。部下に好かれる管理職になる為には「説明力」「正しい言葉使い」「率先して休む」、この3つがポイントです。

 

仕事の違いを説明できる

管理職で上司であるあなたは自分の仕事を部下に説明することが出来ますか?

 

自分で思っているより自分の仕事は部下からは見えづらいものです。なので「暇そうにしているんだからこっちの業務手伝ってよ!」と思われていることも悲しいけれどよくあることです。

 

わざわざ言葉にして説明しなくても構いませんが、いつも周りを見るようにして自分の仕事はただ割り振られて業務を熟すことだけではないことを部下にわかってもらえるようにしていきましょう。

 

例えば次のようなことを、感情的にならず説明できるようになれば部下からは信頼出来て頼りになる上司だと認識してもらえます。

 

仕事の内容・重要性を説明する

「自由にやらせる」=「仕事を丸投げ」ではありません。それはただ自分が楽をしているだけです。きちんと仕事の趣旨は説明しなければ部下は困ってしまいます。

 

仕事の方向性が変わってしまった場合も同じです。まずは自分が会社のことやプロジェクトについて良く理解してきちんと説明出来るようにしましょう。

 

そして本当に部下に自由に仕事をして欲しいと思うのであれば「責任は自分が取る」ことを宣言し、安心感を与えなくてはいけません。そうでなければ部下は責任を取ることを恐れ、自主性は失われていきます。

 

「自由にやらせる」=「仕事を丸投げ」、特に人付き合いが苦手な管理職の方にありがちな傾向ですが、ここを改善しないと部下に好かれる管理職になることは難しいです。

 

適材適所が見極めれる・納得させられる

人には向き不向きがあります。適材適所で仕事を振ることが出来れば仕事も進むし部下のやる気も失わないで済みます。その為には日頃から部下のことをよく見て、話をよく聞いていなければなりません。

 

自分のことを分かってくれていてる上司というものは部下の心に響きます。部下に興味を持って、観察日記をつける勢いで観察してみることは意外と楽しいですよ。

 

そして、若手社員の中には自分のことを客観的に見ることの出来ない部下もいます。なので、あなたの割り当てに不満をぶつけてくる部下がいるかもしれません。

 

そんな時も日頃きちんと部下を観察していれば適正を説明して納得させることが出来るはずです。自分のことをきちんと見ていてくれているという安心感をも与えられる上司は間違いなく部下に好かれる管理職です。

 

「お前の為に言っている」は本当の気持ちで

部下を叱ることは正しく伝わらなければしこりが残るし、部下が会社を去ってしまうことも考えられます。叱っている最中に「お前の為に言っている」といっても、部下は本当に自分の為に言っているのか気づきます。

 

部下を叱る時は感情的な怒りからきていることではないか確認して、部下に理解してもらえる言い回しで説明しましょう。

 

言葉使いは正しく使う

若者の気持ちを分かりたい、若く見れられたいと流行りの言葉を使う大人がいますが、若者から見ればそれは「イタい大人」です。正しくきちんとした言葉遣いの方が上司としては信頼感を得られます。言葉使いは正しくしましょう。

 

但しトレンドを追うことは悪いことではありません。自分は使わないけど流行りの言葉、スマホのゲーム、お洒落などを知っていると部下の心をつかみやすくなります。

 

率先して定時退社する・有給休暇を取るようにする

余裕がある仕事が出来ることも部下から好かれる上司になる方法のひとつです。あなたはいつまでも残業していれば「上司が残業しているのに先に帰りづらい」と思って必要のない残業をしている部下がいるかもしれません。

 

そういう人はいくらあなたが「先に帰って大丈夫だから」と口で言ったところで帰りません。有休休暇も同じです。残業代がかさむことは部内の予算が多くかかることになりますし、有給休暇消化率が低ければそれだけで「もしかしてうちはブラック企業なのか?」と勘違いする若手社員が出てきてしまいます。

 

有給休暇消化率が高いことは新卒社員を採用する際も大きな強みになります。そもそも定時退社したり有給休暇を取ることが出来れば自分に余裕が出来ます。

 

率先して定時で帰り、有給休暇を取りましょう。但し、部下に業務を押し付けてまで定時退社したり有休を消化することは避けましょう。

 

部下に好かれる管理職になる為には「説明力」「正しい言葉使い」「率先して休む」、この3つのポイントがあります。尊敬されたくて、頼りになる上司だと思われたくてわざときつい口調にしたり、威嚇する必要はありません。

 

いつもへらへらしていて同期や上司にからかわれている人でも、3つのポイントを抑えられていれば問題なく頼りになる上司として評価されます。むしろギャップがあっていいかもしれませんね。

 

関連ページ

新人社員・派遣社員との付き合い方
新人社員との付き合い方に悩んでいる人へ簡単に楽になれる方法は「自分の考え方を変える」ことであることをメインに、思いつめてしまう理由と新人自社社員以上に悩みが多い「新人派遣社員」と「年上の新人社員」との付き合い方の考え方、「LINE」で勤怠連絡が来て不快な思いをしないで済む方法、教育記録を取ることの有益性、先輩としてのNG集紹介しています。
若手リーダーの仕事の仕方と理想像
権限は少ないけれど業務内容が多い悩める若手リーダー(一番下の役職者)へ、上手くプロジェクトを回し評価を上げる為には「管理をメインにすること」と「穏やかで恐れられる上司を目指すこと」が必要であることを説明しています。
体調管理と意外な盲点
社会人にとって体調管理の重要さや、気を付けていてもなかなか伝わらず会社で気まずい思いをしている方へ「絶対に休んではいけない時」「女性特有の体調不良について」「意外な盲点」の3つのポイントを紹介しています。
中堅の給料アップ方法
お給料を上げる為のポイントとして「誠実さ」(欠勤、遅刻、早退が少ないこと、口より手を動かすこと)「適正」(得意分野を伸ばしていくこと)「視野の広さ」(アピールの仕方、残業代についての考え方)を紹介しています。
部下・後輩と飲む場合
飲み会に誘っても嫌な顔をされない方法は「タイミング」と「楽しい記憶を植え付けること」がポイントで、特に「楽しい記憶を植え付ける」為に必要なこと、「飲みすぎない」「昔話をしない」「あまり「飲み会のルール」に縛られない」「お金の払い方」「注意の仕方」について紹介しています。
中堅社員の転職
転職をする際に考えておきたい4つのポイント「今の職場で得たもの」「身体と精神への負担」「人間関係」「待遇」を紹介しています。また、転職する前に準備しておきたいこととして「就業規則を確認する」「自分にあった条件の求人があるかどうか」「貯金」「マニュアル作成」についても合わせて紹介しています。
セクハラと言われる5つの言動と注意点
「セクハラです」と言われない為のポイントとして「信頼関係の認識」「身体的特徴の話をしない」「服装の注意の仕方」「下ネタで笑いを取ろうとしない」「恋人の有無、結婚、妊娠の話はしない」の5つのことを紹介しています。
嫌な上司になる3つのこだわりとは?
「いつの間にか嫌な上司」にならない方法として「必要以上に役職に拘らない」「コミュニケーションに拘らない」「育て上げることに拘らない」という3つのことを紹介しています。役職者になったばかりの方、最近部下や同僚から距離を置かれてしまっていると感じている方に有益です。
上司が部下に対して気をつけるポイント
「挨拶はちゃんとする」「説明をきちんとする」「ハキハキ喋る」「「会社」と「私生活」を分ける」という簡単だけれども上司になると出来なくなってしまいがちな4つのこと、出来ないと部下にどう思われるのか、どのようなリスクがあるのか紹介しています。
一番良い教育方法とは?私が失敗した教育方法
「本を読ませて感想文を書かせる」「良い所を見つけ出して褒める」「連帯責任を取らせる」「感情的に叱る」というよくある教育方法の失敗談を通して、「ベストなタイミングでその部下に合った方法で教育すること」ということが一番良い教育方法であることを紹介しています。